{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007069396978   整理番号:60A0114368

高炉酸化帯に及ぼす送風温度,水蒸気吹込み,酸素富化送風,可燃性物質吹込みの影響

Влияние температуры дутья, интенсификаторов и вдувания горючих веществ на окислительную зону домвнной печи.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 29-36  発行年: 1960年
JST資料番号: R0143A  ISSN: 0363-0797  CODEN: IVUMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
427~1386m3の高炉で製鋼用銑,フェロシリコン,フェロマンガンを製錬したときの実測結果。酸化帯内のガスの組成と酸化帯の高さは炉床温度,炉内の水平面におけるガスの分布,ろ況により変化する。酸化帯の高さにとくに影響するのは羽口前面でコークスが運動する帯域の大きさ,送風圧などの機械的因子でめる。酸化帯の高さに対する水蒸気吹込み,酸素富化送風,送風温度,微粉炭や天然ガス吹込の影響は従来考えられていた以上に複雑で化学的。機械的,因子,温度,炉況によって変化するもので今後研究を要す;図6表1参8

前のページに戻る