{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007073761281   整理番号:68A0101402

超高速列車は果してどの程度利用されるか

Who will ride these trains.
著者 (1件):
資料名:
巻: 164  号: 19  ページ: 24-31  発行年: 1968年
JST資料番号: D0494A  ISSN: 0033-8826  CODEN: RAAGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
米国北東部の巨大都市を結ぶ超高速列車Metroliner(ニューヨークーワシントン)とTurboTrain(ボストン-ニューヨーク)は,現在最後の試験運転を続けている.過去15年間衰退の一途をたどって来た鉄道にとってこれらの高速列車が果して起死回生の妙薬とな豊うるだろうか.本文はSystem Antlysis&Research Corp.の調査結果を基に,上記コリドオール内の旅客輸送を25の区間に別けて飛行機,自動車,高速鉄道の各々について,実所要時間(各都心間の)経済性などを詳しく解析し,TurboTrainの占有率60%(飛行機40%)Metroliner 84%(飛行機16%)になりうるとしている;写図4表7
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る