{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007099734363   整理番号:68A0088341

街路照明の現況と将来性に対する影響

Influences on current and future street lighting practice.
著者 (1件):
資料名:
巻:号: 11  ページ: 548-549  発行年: 1968年
JST資料番号: C0645A  ISSN: 0041-0683  CODEN: TENCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
街路照明の利得は,それによると推察される事故の損失の減少にって定量的に測定される。それ以外にも速度の上昇,容量の増加たどがある。運輸省は3年計画で幹線街路の照明設置の事前事後調査を行ない,照明の設置基準(B.S.Code of Practice o.P.10垂)の試案を行なった。この基準は安全性を経済的に評価して9段隠に分けられている。この調査は将来の照明に大きな影響力を持つと予想される。技術的に重要な2つの要棄は放電管と高い照明柱である。低圧ナトリウム灯と水銀灯は将来性がある。高い照明柱は交差部や都心部で用いられて経済的.美的な利点がある;写図3表1参
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る