{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007100510890   整理番号:68A0280184

繊維ガラスのダタトご万戎

Fibrous glass duct The system.
資料名:
巻: 65  号:ページ: 45-48  発行年: 1968年
JST資料番号: A0342A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
維維ガラスによるダクトは板金ダクトと同じ原理で設計してょいが,考慮すべき相違点は流れの摩擦係数,音響音性特性お規則に規則てのこと。内内面特性はーカにカによ干違干,違らい,あらさ係数っき板の0.005に対しし最もならめらかな繊維スガラス板00065。音特特性の点では断然すぐぐれ音音響減少点の点のみな振動な振動なでもよい。周周波数にるよる音響吸収係数も与えられているやり方の点では亜鉛めめっき板ァやミのダミのと極クトと極以めメーカの推奨の方法もある。なお補強なしでの許容最高スパンの点にもふれ,終りに実際例こつき若千のべる;写図7表1
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る