{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007105913615   整理番号:68A0184741

バーゼル繊維機器展および今後の長繊維用練条,精紡,巻返し設備展望

Drawing spinning and winding of long fibres at Basle and tomorrow.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 10-12  発行年: 1968年
JST資料番号: C0759A  ISSN: 0039-8357  CODEN: TIINA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
昨秋バーゼルで開かれた繊維機器展で見られた長繊維用の練条機,精紡機,巻返機を紹介し,今後のこららの設備の動向を展望する。そ毛システム用高速練条機,粗紡機,スライバツウヤーン精紡機,ブレーク精紡左どを説明し,英国の繊維産業界の長繊維,短繊維左どの紡績産業規模の現状と今後の傾向を予想する

前のページに戻る