{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007110733005   整理番号:68A0300341

動的計画作成方法による投資・作業・資金調達の同時計画

Simultane Planung von Investition,Beschaeftigung und Finanzierung mit Hilfe der dynamischen Programmierung.
著者 (1件):
資料名:
巻: 37  号: 11  ページ: 709-728  発行年: 1967年
JST資料番号: E0430A  ISSN: 0044-2372  CODEN: ZEBEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
動的計画作成の基本理念は,複雑な問題の解決をすべての変数について同時に検討するというものではなく,むしろ簡単に解決できる部分的問題を順次取り上げ,それに個個の変数をあてはめて検討するという方法で問題全体を解明するというものだ。この方法では部分的問題が個個に解決されてしかる上で1括は握されるものであり,時間的要素が本質的役目を演ずるという事態は起らぬので,この方法の動的な点は計算過程に存することになるなどと論述。動的計画を作成し,これを手段として投資・作業・資金調達を同時に計画するための方法を,簡単なモデル例によって詳説;写図1 表5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る