{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602007129427320   整理番号:58A0053753

コイルの分布容量の測定

Mesure des eapacites reparties des bobines.
資料名:
巻: 1958  号: 160  ページ: 37-39  発行年: 1958年 
JST資料番号: E0231A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Q測定器に被測定コイルをつなぎ,まずバリコンをC1で発振周波数を合わせ,次にその第2高調波で同調する容量C2を求めれば分布容量Cr=(C1-4C2)/3で算出できる,この計算図表をがした。バリコンの目盛校正には,裸線単層ソレノイドを用い理論式(Palermoの式)によりCrを算出し,バリコンの目盛が測定回路の浮遊容量を含んだ値となるように校正する
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る