{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007133488059   整理番号:68A0267536

打込ぐい用コンクリートの打撃強さ

K v tTber die Schlagfesticeit des Be tons fUr Rammpfahle
著者 (1件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 131-136  発行年: 1968年
JST資料番号: C0841A  ISSN: 0005-9846  CODEN: BTONAH  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
単位セメント量230-475kg/m3,水セメント比0.4~0.8のコンクリートにつき表題の研究を行ない,圧縮強さが450kg/cm3で割裂強さが35kg/cm2といった高強度は満足な打撃強さを得るための1条件ではあるがそれだけでは不十分であり,セメントペーストと骨材との付着,骨材の弾性係数が小さく横ひずみの小さいことなどの必要なことを述べた。Iでは,供試体の製作までについて述べる;写図8表6参15
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る