{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007138465014   整理番号:68A0312202

酸化マグネシウムと酸化カルシウムの表面に吸着された水素と結びついた常磁性欠陥

Paramagnetic defects associated with hydrogen adsorbed on the surface of magnesium and calcium oxides.
著者 (2件):
資料名:
巻: 26  号:ページ: 364-373  発行年: 1968年
JST資料番号: C0279A  ISSN: 0021-9797  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
小さい粒子(100-300Å)の形でMgOやCaOを照射すると酸素と反応する表面常磁性中心(S中心)か生ずる。水素またはジューテリウムの存在でγ線照射するとS中心とg=1.9998である新しい表面中心(SH中心)の両方か生ずる。SH中心は一つの水素原子核から超徴細カップリノグを示し,S中心もSH中心も格子のMb25核と超徴細相互作用を示す。これらの表面中心は表面の陰イオノ空所に捕捉された電子からなる固有の欠陥であると信ぜられ,よく知られたF中心に等価な表面を提供する;写図8参14

前のページに戻る