{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007142197334   整理番号:68A0170932

下水処理場におけるビールスの除去

Virus removal in water reuse treating processes.
著者 (4件):
資料名:
巻: 63  号: 78  ページ: 130-136  発行年: 1967年
JST資料番号: B0178A  CODEN: BTMTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: カナダ (CAN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
下水の一次処理,二次処理でのビールス除去について解説,一次処理と散水ろ床法ではほとんどビールスの除去はできず,活性スラッジ法では90%以上除去可能,酸化池についてはビールスの減少が見られるがデータ不足で除去機構などは不明。また,塩素またはよう素などでの殺菌でも90~99%の除去率で十分とはいえず,こド方法の改良や三次処理を考える必要がある。三次処理として活性炭吸着は可逆的で除去率35%以下,石灰によるりん酸塩沈殿法で63~99%,砂ろ過はデータ不足だが23~99%;図2表6参24
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る