{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007146545833   整理番号:68A0210601

こう子状接地法の設計

Ground grid design.
著者 (2件):
資料名:
巻: 51  号:ページ: 36-40  発行年: 1968年
JST資料番号: B0481A  ISSN: 0013-8010  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: カナダ (CAN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
接地は単純に考えられているが実際は土壌の諸性質などで変化しかなり複雑である。本文は接地用こう子の設計の簡単かつ実際的な方法を述べた。設計の基本は一定の仮定下で導出した数個の式より成適用の便宜を考慮して一連のグラフで示した。設計上の最低必要データは土壌抵抗串ρ,接地事故電流I,接地抵抗Rで,いろいろな接地面積の場合について例を挙げて計算の手法を解説した。土壌抵抗が特に大きくない実際の場合には接地棒の寸法は10ft×3/4inφで十分であると指摘。なお導体寸法は事故電流に対し標準値を採用した叢写図8参9
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る