{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007152663201   整理番号:68A0288587

ウクライナ南部における1948~1962年の河川年流量の減少の原因に関する研究

Study of the causes of decreasing annual screamixow in the .south of the Ukraine from 1948-1962.
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 293-300  発行年: 1966年
JST資料番号: C0804A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
標記の年流量の減少は,主として,冬から春にかけての流出が減少したことにエるものであり,その原因は降水量が20~25%減少し,そのために積雪が減って蒸発が30~50%増加したことである。しかしその中でも,気候的条件が良い場合には年流量が回復した例もあるので,この流量減少傾向は一方的なものではなく,気候の変化によっていずれは再び増加するであろうと考られる:図3表5参5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る