{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007161044972   整理番号:68A0115548

ハロゲン化アルカリ単結晶中のヒドリドほう酸イオンの赤外スペクトル

Infrared spectra of borohydride ions in alkali halide single crystals.
著者 (2件):
資料名:
巻: 48  号:ページ: 2713-2719  発行年: 1968年
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
NaBH4,KBH4,CsBH4,KBD4,CsBD4を,ハロゲン化アルカリ中に溶解して固溶体を作った。ヒドリドほう酸はハロゲン化アルカリ単結晶の中に拡散して,ほうけい酸ガラスカプセルのほう酸塩にアルカリ金属と水素が作用したようになる。格子点の対称性はbccおよびfccのどちらに対しても4面体である。NaX:BH4-およびKX:BH4-に対して,2v432+v4;KX:BDではν3<2v424;Csx:BH4-に対しては2ν4243である。これらの変化は同位体シフト,およびヒドリドほう酸イオンと溶媒イオンの反発作用によって説明される;写図5表4参28
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る