{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007165752998   整理番号:68A0149074

ロドプシンにかけるレチナールの結合部位

Site of attachment of retinal in rhodopsin.
著者 (1件):
資料名:
巻: 216  号: 5121  ページ: 1178-1181  発行年: 1967年
JST資料番号: D0193A  CODEN: NATUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
メタロドブシンIIを水素化ほう素ナトリウムで処理して得たN-レチナールオプシンを用いて,レチナールと結合しているオプシン中のアミノ酸残基の同定を試行。N-レチナールオプシンをアルカリ加水分解し,生じたレチナール結合アミノ酸をけい光を目標にして薄層クロマトグラフィー法で分離。既知のアミノ酸とレチナールから合成した化合物と薄層クロマトグラフィーのRfを比較。N-レチニルリジンと一致し,レチナールはリジンの位位ではなくe位のアミノ基と結合していることを報告。プロナーゼ処理によって得られるN-レチニルーe-リジン含有ペプチドについても分析;写図5表1参14
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る