{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007188726510   整理番号:68A0278153

塔状アパートの隅の,または3方向が外気に面した特別住戸の計画

Планировочные особенности квартир с угловой и трехсторонней ориентацией в точечных домах.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号: 11  ページ: 184-188  発行年: 1967年
JST資料番号: R0152A  ISSN: 0536-1052  CODEN: IVZSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ソ連における集合住宅の建設はその大量需要に応え,さらに都市の高密変化に沿うために建物の高層化が進められ,いままでの5~9階建てにたいし,10~16階建てのアパート計画が多く,その工業化とともに高層アパートの出現はソ連主要都市の新しい表情となっている.建物の高層化は,いままでの水平方向に伸びた平面形にたいし,塔状の形態をもち,各住戸の外壁がその位置によって2辺3辺が外気に面し,平面計画,建て方の計画,室内気候条件などで特異な性能をもつとして,標準住戸の実例,計画案から3~4室住戸の特殊性について一般的に論じたもの;写図2

前のページに戻る