{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007192773379   整理番号:68A0244527

78°Kで中性子照射したアルミニウムの回復におよぼす二,三の添加元素の影響

Influence de quelques filaments d’addition sur la restauration de 1’aluminium irradiS aux neutrons si 78K.
著者 (2件):
資料名:
巻: 65  号:ページ: 425-433  発行年: 1968年
JST資料番号: D0536A  ISSN: 0025-9128  CODEN: MRMTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
非常に希薄なAl合金(合金元素Ag,Cu,Mgなど)についての電気抵抗値と純Alと比較して回復現象を検討する。電解Alを帯域精製し真空溶融し不純物を5ppmに落したAlを原料に用いた。試料は0.6mmψの多結晶線とし照射前に600°Cで数時間焼なましたがMgを含む試料はアルゴンを満した管中に封じ塩溶中で490°Cに5分焼なましした。抵抗測定から純Alに比較して多くの欠陥が存在することがわかる。これはある種の動くことのできる欠陥が異種原子に捕えられるためと考えられる;写図9表5参27
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る