{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007199947852   整理番号:68A0039802

燃料よのの動力=次は何力ら得るか

Power from fuel-Where next.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 559-569  発行年: 1968年
JST資料番号: B0109C  ISSN: 0032-0838  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
燃料の権威故オリバーリール卿追悼の講演文で,人類がエネルギーを得るため自分の手から野獣,さらに石炭なる燃料を知り現現在は原子エネルギーを利用するに至った。燃料を動力に変換する機械の発達に伴ひ効率の上昇とその限界の解析に偉大なカルノー,クラジウスにより次次と解明され,エントロピーの概念が導入され,実際の熱機関の作用が温度-エントロピー線図上どのような差異があるかまたこれを最高に高めるため今後開発すべき問題点は何か.さらに原子力利用の場合の高効率化にはどのような工夫が目標になっているかを述べ,この発展にはオリバー卿の偉大な力が寄与してると結んでいる;写図12
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る