{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007205971914   整理番号:68A0125998

芳香族擬ホスホニウム塩とアルコールとの反応の機構

К вопросу о механизме реакции ароматических квазиосониевых солей со спиртами.
著者 (3件):
資料名:
巻: 38  号:ページ: 1278-1282  発行年: 1968年
JST資料番号: R0139A  ISSN: 0044-460X  CODEN: ZOKHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
擬ホスホニウム陽イオンのアルコキシ基をフェノキシ基に段階的に変えた。最初のフュノキシ基は非常に容易に変わる。しかし,後になればなる程困難である。この現象を説明する反応機構を提案した。二三のメチルホスホン酸エステレ,および亜りん酸エステルの赤外線スペクトルを撮った。その波数との関連を調べた;写図2参12
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る