{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007222260886   整理番号:68A0161821

pasPalum scrobiculatum(イネ科)の種子の静穏性成分の生物学的検定についてのいくつかの実験

Some experiments on bioassay of the tranquillizing principle of paspalum scrobiculatum grain.
著者 (3件):
資料名:
巻: 30  号:ページ: 142-046  発行年: 1968年
JST資料番号: D0403A  ISSN: 0019-5472  CODEN: IJPAAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: インド (IND) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
表題植物の種子(I)はイヌに静穏および振せんを起す成分を含有。静穏性成分は主に種子の外皮に含まれる。種子を8%NaC1に溶解した場合,浮遊する部分は沈殿する部分の9~15倍の活性を示した。静穏性成分は精溜エタノール,メタノールおよび脂溶性溶媒で抽出できた。抽出成分は室温で3年間保存しても劣化しなかった。粗アコ-ル抽出物は,室温貯蔵,加熱,紫外線照射,強酸および強アルカサなどにより,その効力が弱まった;表4参11
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る