{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007240711976   整理番号:68A0102352

原子力船の経済性について原子力タンカーの経済性原子力船分科会の試算

著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 69-74  発行年: 1968年
JST資料番号: F0074A  ISSN: 0387-0863  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
船の大きさ.速力,Qをパラメータとして大型原子タンカーの経済性を試算した.摩擦抵抗と剰余抵抗を計算し,推進係数を推定することによにり抵抗より所要馬力を算定し,各ケースの連続最大出力を・諄出した.また各ケースの重量,年間経費および運送原価は,前号で述べたコンテナ船の場合とほぼ同じ手続きにより訌出した.これから,本試算の範囲では,高出力化による原子力船のメリッ,トな現れ,高速力にぷいて在来船よj有利となる傾向があり,小型船ほど原子力船の有利性が大きく,正味貨物量が大きいほど原子力船O方が有利となるとい9結果が出た;写図4表3
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る