{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007245947994   整理番号:68A0300960

生産性向上の操業法の改善

著者 (1件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 47-56  発行年: 1968年
JST資料番号: G0951A  ISSN: 0551-0503  CODEN: PUEJDH  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
成形工場の稼勤率,歩留率,製品品質の向上ならびに安定化をはかる泥めに,まず操業条件以前の工程の改善法を述べ,次に異性現象解明または生産性向上のための工場実験法の適用について,具体例について説明。成形工場の形態として特長的なのは,プラスチック製品は軽量ではあるがかさばク,工場の地方分散が必要となることからどうしても多種小量生産になること.プラスチック製品は主として外観を云云するととが多いことから成形上の微妙なカンが重んじられることから.操業条件の科学的管理が困難であることなどである;写図13表10参18
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る