{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007246900983   整理番号:68A0073614

温間鍛造とその潤滑

著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 68-74  発行年: 1968年
JST資料番号: F0404A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
冷間および熱間加工の双方の長所をとった温間鍛造法に関して,本加工法の重要因子である素材の温度依存性・潤滑剤の温度特性・表面処理の影響・加工硬化・寸法変化・衝撃値についての検討,S45CとSCM3の透過電子顕微鏡を用いた組織観察による転位論的解明および潤滑剤・加工法・寸法変化など温間鍛造法の今後の展望を紹介;写図13 表1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る