{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007248564018   整理番号:68A0356503

スケトウタラ冷凍すり身の品質に及ぼす貯蔵温度の影響

著者 (4件):
資料名:
巻: 43  号: 493  ページ: 1145-1150  発行年: 1968年
JST資料番号: G0176A  ISSN: 0034-3714  CODEN: RITOA8  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
漁獲後1~2日のスケトウダラより採取した落し身より無塩すり身と加塩すり身をつくり,-35°,-20°,-10°Cで7か月間貯蔵したものを試料とした.その結果(1)無塩すり身では-10°Cでは変化し,-20°Cでは安定である。(2)すり身のヌクレオチドの組成が明らかになった.(3)加塩冷凍すり身においても(1)と同じ傾向がみられたなどの結論を得た.さらに市販のすり身についても同様の実験を行なった:参15
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る