{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007266782170   整理番号:68A0117740

有機すず塩化物と金属亜鉛の反応における有機基の1,2-金属間移動

1,2-lntermetallic shifts of organic groups in reac-tions of organotin chlorides with metallic zinc.
著者 (3件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: P9-P12  発行年: 1968年
JST資料番号: B0412C  ISSN: 0022-328X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
強いキレート結合をもっているTMEDPh3SnC1とかBiPyPh3SnCl(I)は,TH亜中,Zn/Cu合金と反応してPh6Sn2を60~80%の収率で与えるがキレート結合がないと,75~98%の収率でPh4Snを与える。また後者の反応をMeOHとかH2O中で行うと90%の収率でベンゼンが得られた。これらの反応を種々考察して,初期中間体としてPh3SnZnClを考え,反応機構を検討した。な論,THF中,Me3SnClとZn/Cuを還流下に反応させると90%の収率で,Me4Snが生成し,MeOHがあると定量的にCH4を与える;参8
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る