{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007275551548   整理番号:68A0252996

チュンの疲労強度と表面状態の影響

Fatigue strengths of chains and the effect of surface condition.
著者 (2件):
資料名:
号: 250  ページ: 1-37  発行年: 1967年
JST資料番号: E0062A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本文では炭鉱で運搬,ケージつり下げに使用されているリンクチェンの疲労試験結果について報告。本試験では錬鉄,C0.25-0.35%炭素鋼,1.5%マンガン鋼,低合金鋼を用い。それぞれの表面状態を変えた場合の疲労強度に及ぼす影響について謂べた。その結果.拡張力の大きいチェンでも熱処理によって表面が脱炭されたチェンの場合には,予想外に低い疲労強度を示すことがあきらかにされた。また光弾性試験の結果.最大ひずみの集中点は破壊発生個所と一致しているが,疲労破壊個所は実際には内曲面と真線部の境界.理論解析ではリンクのクラウン部にあらわれる;写図16表6参26
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る