{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007276124406   整理番号:68A0256565

長期天気予報を用いた船の航路決定法の提案

A proposed method for ship routing using long range weather forecasts.
著者 (3件):
資料名:
巻: 96  号:ページ: 319-322  発行年: 1968年
JST資料番号: D0123A  ISSN: 0027-0644  CODEN: MWREA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
船の時間的最短航路を決定するための変分法の計算にエ夫を胤らした。そのうちの第一の方法よ,一週間ぐらいならかなりの信頼度があると思われる海洋上の波の予報をつくりあげるための方法であり,第二のものは,航路の時鞠的極値を変えるための改良法である。両方法を太平洋横断航路のVC2AP3の最適航路を算出することによって示す。将来これをいかに発展させるべきかについても論ずる;写図1参3
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る