{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007281398484   整理番号:68A0146987

鎖中にジアセチレン基をもつ有機けい素重合体と有機ゲルマニウム重合体の合成

Синтез кремне-и германийорганических полимеров с диацетиленовыми группировками в цепи.
著者 (3件):
資料名:
号:ページ: 170-174  発行年: 1968年
JST資料番号: R0042A  ISSN: 0002-3353  CODEN: IASKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ジフェニルエチニルゲルマニウム(I)を窒素気流中200°に加熱,熱脱水素重縮合を行ない分子量4100の重合体を収得。テトラヒドロフラン中1とマグネシウムを反応させて得たニマグネシウムジプロムジエチルゲルマニウムをエーテル中無水臭化コバルトと反応させ酸化し分子量3900の含ゲルマニウム重合体を収得。鎖中にジアセチレン基をもつ有機けい素,ゲルマニウム重合体の合成条件を検討提出,収得重合体をIR,PMRスペクトルで検討し構造を提出;写図1表1参8
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る