{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007285226432   整理番号:68A0111802

0(‘D)とH2の反応,よよびHとOHオゾンとの反応

Reaction of 0(1D) with Hz and the reactions of H and 0H with ozone.
著者 (1件):
資料名:
巻: 47  号:ページ: 2777-2783  発行年: 1967年
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
O(1D)とH2またはD2との反応を,87Kにおいて液体アルゴンに溶解したO3-H2,またはO3-D2混合物の光分解によって研究した。O3の分解と生成物の量子収率をO2捕捉剤として加えた場合と加えない場合,それぞれ測定を行った。O(1D)はH2とEa=0で反応し,O(1D)-CH4の反応より少し遅い速度でおこる。反応主経路はO(1D)+H2→H+OHである。H原子はO2により捕捉されHO2になる。OHとHO2はO3とは反応しない。O2により捕捉されないH原子はO3と反応し,次の様に分解する。H+O3→OH*+O2,OH*+O3→H+2O2
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る