{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007300917358   整理番号:68A0263332

海洋底拡大方向の変化

Changes in direction of sea floor spreading.
著者 (2件):
資料名:
巻: 219  号: 5153  ページ: 433-467  発行年: 1968年
JST資料番号: D0193A  CODEN: NATUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
北大平洋の資料より,標記の判定法,変化の様式と速度.その影響などについて述べた,通常,破砕帯は海洋底拡大方向と平行に,また,地磁気異常は直角に生じるので,標記によりZ形やN形あるいはそれらの裏返しの図形が海底に出現する.その図形は拡大の中心からかなり離れても保存される.なお,変化速度は100万年に4°~5°であり,海れいの走向方向も同時に変化する.ただし.長大な部分が回転したり,回転速度が大であると,海れいは平行な小断片に切断される,以上の事実より,海洋底はむしろかなりの強度を有するものと考えられる;写図5参15
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る