{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007302498522   整理番号:68A0284094

機械化シールドでトンネル掘進をするとき換気の計算

РАСЧЕТ ВЕНТИЛЯЦИИ ПРИ ПРОХОДКЕ ТОННЕЛЕЙ МЕХАНИЗИРОВАННЫМ ЩИТОМ
著者 (3件):
資料名:
号:ページ: 45-46  発行年: 1968年
JST資料番号: R0114A  ISSN: 0131-4300  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
機械化シールドを用いてトンネルの掘進するとき,切羽の換気は地下鉄設計基準によって,断面における空気の運動速度は0.15~0.25m/sec,作業員一人当りの空気の容積は6 m3/min ときめられているが,現実に会わない点が見受けられるので,レーニングラードの地下鉄の駅間トンネルを掘進するときの試験結果に基いて,水分遊離の存在と前もって与えられない切羽での空気の運動速度は,空気の交換を計算するための一定のファクターであることが設定された。6000m3/hの空気容量は直径5.5mの機械シールドで掘進するための空気交換の規準にすべきことが提案されている
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る