{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
文献
J-GLOBAL ID:201602007305517242   整理番号:58A0021643

酸性溶液中の活性鉄の電気化学的作用に対する水素イオン濃度の影響 Fe.←→.Fe+++2e 反応機構

Der Einfluss der Wasserstoffionenkonzentration auf das elektrochemische Verhalten des aktiven Eisens in sauren Losungen. Der Mechanismus der Reaktion Fe .←→.Fe++ + 2e.
著者 (1件):
資料名:
巻: 62  号:ページ: 582-587  発行年: 1958年 
JST資料番号: E0432A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
定電流電圧下の鉄の溶解速度の上昇はpHの増加に伴ない水酸イオンの触媒作用を受ける。測定条件,測定結果の諸曲線の考察,溶解現象の理論

前のページに戻る