{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007306906676   整理番号:60A0084519

モデルフィラメント中におけるセルロースキサントゲン酸ナトリウムと亜鉛イオンの反応に関する研究 ビスコース繊維のスキンーコア構造の問題

Untersuchungen ueber die Umsetzung von Natriumcellulosexanthogenat mit Zink-Ionen in Modellfaeden.Beitrag zur Frage der Mantel-Kern-Struktur von Viakoaefasern.
著者 (3件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 209-213  発行年: 1960年
JST資料番号: B0525A  ISSN: 0014-8628  CODEN: FSTXA7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
セルロースキサントゲン酸ナトリウムのゲル状フィラメント中にその亜鉛化合物が形成されると,工業的に製造したビスコース繊維のスキンーコア構造に対応する構造分布がみられる.これを染色試験,膨潤試験などの方法で確認

前のページに戻る