{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007315320790   整理番号:68A0176228

ビニルセルロース共重体体王ポリアクリロ講トリル(PAN)綿共重合体の性質に対する製造法の影響

Vinyl cellulose copolymers.I.Effect of method of preparation on the properties of polyacrylonitrile-cotton copolymers.
著者 (3件):
資料名:
巻: 38  号:ページ: 710-716  発行年: 1968年
JST資料番号: E0244A  ISSN: 0040-5175  CODEN: TRJOA9  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
PAN-綿共重合体の製造法はグラフトが起るセルロース分子の位置グラフト重合体の分子量,分子置換,繊維内のグラフト重合体の分布,ビニル綿共重合体の繊維性質のいくつかに影響する。糸の場合,製造法は破壊伸度,破壊強さ,平均こわさに影響する。織物の場合,破壊強度,破壊伸度,引裂強度,曲げおよび平面摩耗抵抗は製造法に影響される。各種の方法で作られるビニル綿共重合体の分子関係の範囲を考慮すると,共重合体の性質は広範囲に変ることが期待できる;表5参34
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る