{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007327963610   整理番号:60A0071633

層状物質よりなる超高真空用容器の壁

Waend fuer Ultrahochvakuum-Behaelter aus Schichtstoffen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 15a  号:ページ: 268-269  発行年: 1960年
JST資料番号: E0440A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
超高真空系の到達真空度は容器壁を通しこのヘリウムその他のガスの侵透,拡散によって大きく制約される。そこでガラス層と金属層とを組み合わせて容器の壁を作ることが考えられる。その意味において,円筒状に作ったほうろう引き鉄板の水素侵透性を150°Cで調べたところ,厚さ1mmの鉄板に厚さ0.3mmのほうろうをかぶせると拡散係数は2~3けたも下がることが分かった。ほうろうは450°Cの加熱にも耐えた。超高真空容器の内壁としての性質の研究は続けて行なわれる
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る