{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007329617469   整理番号:68A0321068

200Hgにおける2+-2+1転移のM1とE2放射の混合比

著者 (2件):
資料名:
巻: 39  号:ページ: 233-234  発行年: 1968年
JST資料番号: G0499A  ISSN: 0033-068X  CODEN: PTPKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
200Hgの1575keVの2’+状態から1音子状態へのE2,M1の混合比を2’+状態がP1/2,P3/2の配位からなる2準粒子状態が重要であると仮定することにより計算し,実験と比較したところ良い一致を示した。しかし基底状態へのE2との比が合わず,それは2’+状態が1音子状態と完全に直交していないという矛盾をシュミットの方法でさけることによりかなり改良されることが示された;表2 参5
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る