{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007336100595   整理番号:68A0143882

Schiff 塩基によるくリビング>ボリスチレン陰イオンの不活性化ボリスチレンα,ω-アリルアミンの調製

Desactivation de polystyrene anionique vivant au moyen de bases de Schiff.Preparation de polystyrene c,a-arylamine.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 723-731  発行年: 1967年
JST資料番号: B0690A  ISSN: 0014-3057  CODEN: EUPJA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ベニジリデンア漏リンのようなSchiff塩基によるくリビング》ポリスチレン陰イオンの不括性化により,芳香族第二アミン末端基を有する重合体が得られ毛。ポリスチレン陰イオンに対するC=N2重結合の反応性は,極性溶媒中でのみ定量的な反応をする。Schiff塩基がまた,ポリスチレン陰づオンに対し他の求電子的不活性体としてエステル基を含む場合でも,C=N2重結合の反応性は,エステル基の反応性よりも大きい。芳香族第ニアミン末端基を有する重合体分子は,酸ク副リドをもつ芳香族末端基を有する重合体分子より反応はかなり遅くなる;図4表1参8
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る