{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007343562413   整理番号:58A0058482

トランジスタ化した負性インピーダンス電話中継器

Transistorized Negative-Impedance Telephone Repeaters.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1958  号: 37  ページ: 305-311  発行年: 1958年
JST資料番号: A0339A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
負性インピーダンス電話中継器は数年来その価値を広く認められて来た。初期にはもち論真空管が用いられていたが,小型長寿命で繊条がなぐ老化が少なく大きな陽極電圧も要しないなどトランジスタはこの目的に極めて適合している。本報告はトランジスタ化した負性インピーダンス中継器を回路,動作,応用,機能,設置の各項について記述し,数千個のこれら中継器が実際に使われそのうちあるものは3年間にわたり動作していると述べている
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る