{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007356044691   整理番号:68A0303556

CPMは企画に最適であるが棒グラフは保全計画の仕事に適している

CPM proves best for planning,but Bar Chart gets the job done in scheduling maintenance.
著者 (1件):
資料名:
巻: 42  号: 15  ページ: 42-44  発行年: 1968年
JST資料番号: D0412A  ISSN: 0033-4081  CODEN: PUPAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
大きな計画の企画調整のために開発されたクりティカルパス法は保守管理に威力を発揮し,作成が短期間で中断遅延がないことは大きな利点であるとし,CPMの特徴,利害を詳論した.これに代わるユニ一クなものは攻いという判断のもとにCPMと棒グラフ法を総み合わせ,CPMスケジュ一ルの変化を棒グラフで示すことにより有覇た保全管理が実行できた具具体例を示した;写図2
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る