{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007362537365   整理番号:60A0010548

半無限媒質の表面において二成分を持つ交流磁場の作用に基づく磁気的表面効果

The magnetic surface effect due to the action of a pulsating two-component field on the surface of a semi-infinite space.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 34-42  発行年: 1958年
JST資料番号: H0053A  ISSN: 0031-918X  CODEN: PHMMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
導体表面に二成分を有する交流磁場をかけた場合の導体内の磁束密度,電流密度,発生熱(有効電力)の表式を求め,鋼およびAlについての実験結果と比較した結巣,よい一致を得た。誘導加熱装置の解析に適用できる;写2図5表8参6

前のページに戻る