{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007365439488   整理番号:68A0334344

コンドロイチン硫酸と陽イオン界面活性剤の混合溶液の粘度および濁度

著者 (2件):
資料名:
巻: 88  号:ページ: 761-766  発行年: 1968年
JST資料番号: F0508A  ISSN: 0031-6903  CODEN: YKKZAJ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
陽イオン界面活性剤を用い.粘度と濁度の測定により,相互作用を検討した.陽イオン活性剤を加えた時,濁度は増加するが,溶液の粘度は変化しない.これは無機陽イオンを加えた時粘度変化するのに比し面白い現象である.コンドロイチン硫酸とイオン活性剤との結合比は混合溶液の濁度から計算しうる.それ故,その結合比はコンドロイチン硫酸の濃度に依存する:参8
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る