{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007370592545   整理番号:68A0203756

安定な電気供給計画をするための考慮事項

VLZ Considerations in planning for reliable electric service.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 71-76  発行年: 1968年
JST資料番号: A0982A  ISSN: 0018-9235  CODEN: IEESA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
宇宙船,人工衛星の追跡では位相固定ループ回路を持つ純真装置が用いられるが,手動の周波数調整は常時監視が必要で,かつたびたび信号が調整を不可能にするほど逃げてしまったり,信号入力が低下してしまうことがある。これらの問題を解消ないし軽減する方法として(1)狭域の位相固定ループの周波数を固定域内に自動的に設定する方法。(2)2.5secまでの短い時間内の信号の低下は,回復と同時に信号を補足するように装置を働かせる方法がある。これらのついて述べる
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る