{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007390059762   整理番号:68A0247689

円形断面立坑開さく切羽に細けるずり量の決定

Определение количества породы на забое ствола круглого сечения.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号: 12  ページ: 27-30  発行年: 1967年
JST資料番号: R0147A  ISSN: 0536-1028  CODEN: IVUOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
立坑中心にずり抜き孔をあけて於いて,順次発破で立坑を開さくしてゆく場合,開さく切羽面に生ずるずり量は,発破孔長,開さく切羽面角度,ずり破砕性,たい積時の安息角,立坑径,孔径などによって異る。ずり量がこれら諸要素によっていかに変化するかを理論的に解析し,開さく切羽面角度の最適値を明らかにしている;図2参感
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る