{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007424681700   整理番号:68A0188901

コンポジット系固体推薬の音響応答性に及ぼす表面反応の影響

Surface reaction effects on the acoustic response of composite solid propellants.
著者 (3件):
資料名:
巻:号:ページ: 479-488  発行年: 1968年
JST資料番号: C0248C  ISSN: 0001-1452  CODEN: AIAJAH  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コンポジット系固体推薬の音響アドミッタンスにおよぼす圧力に敏感な表面反応の影響を理論と実験で研究。末端カルボキシブタジエンと過塩素酸アンモン系推薬についてT-バーナーを使用し150~5000cpsの周波数で酸化剤の被覆の効果を研究した。これらの中でkel-FとVitonAは酸化に対して大きな抵抗を示した。理論的には圧力に依存する表面反応,ガス相の熱移動および表面の熱分解反応が結合する燃焼模型を用い,摂動近似による3つの独立助変数で特性づけられる音響アドミツタンス-周波数関係を予知出来る式を誘導した;図10表2参27
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る