{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007435663020   整理番号:60A0012816

300~900°Cの温度で熱処理した変圧器鋼の塑性

Пластичность трансформаторной стали после термообработки при температурах 300-900°.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 590-594  発行年: 1959年
JST資料番号: R0032A  ISSN: 0015-3230  CODEN: FMMTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
焼なまし後の冷却過程ならびに焼入れ後の焼もどし過程で300-900°Cの変圧器鋼の塑性の変化の一般的な様相を与えた.この温度範囲での変圧器用鋼は粘性の三つの最小と二つの最大を示した.粘性の低温での最大と中間温度での最小領域での塑性の変化の法則性を得た.変圧器用鋼の塑性は,段階的冷却または焼入れ焼もどしにより任意の方向に変化できる;図4表1参7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る