{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007437212904   整理番号:68A0114079

無機アルミン酸塩の赤外スペクトルとA104四面体およびAl6八面体の特性振動数

Infra-red spectra of inorganic aluminates and cha-racteristic vibrational frequencies of A104 tetrahedra and A106 octahedra.
著者 (1件):
資料名:
巻: 23A  号:ページ: 2127-2143  発行年: 1967年
JST資料番号: E0128B  ISSN: 1386-1425  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
固体無機物の赤外スペクトルの解釈に診いて,陽イオン-酸素の配位基の振動数に影響する因子を特に強調して論じ,この考察をアルミン酸塩のAl-0伸縮振動の研究に適用した。特性吸収領域は次のと誇り;縮合AlO四四面体,900~700cmo弧立A104四面体,800~650cm1。縮合A106八面体,680~500cmi。弧立AlO八面体,530~400cmi。混合振動(Al-0+ii-0)の例がいくつか,特にアルミン酸リチウムの場合に,異常なまたは奇妙な6LiLiLi同位体シフトによって認められた;図10表4参21
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る