{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007444200555   整理番号:68A0165165

Ustilago spんaerogenaにおける一ーアミルブリン酸デヒドラターゼに対する亜鉛イオンの影響

Effect of zinc ions on S-aminolevulinate dehydratase in Ustilago sphaerogena.
著者 (2件):
資料名:
巻: 124  号: 13  ページ: 456-461  発行年: 1968年
JST資料番号: B0023A  ISSN: 0003-9861  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
鞄子形成期の標記酵素の活性は培地中のZn2+濃度に依存し,最大活性の半分を与える濃度は2×10司M。粗抽出物を透析しても活性の減少をみない。高濃度のZn2+あるいはCu2+の添加は活性を抑制する。SH酵素と思われる。培地中へのpーフルオルフェニルアラニン,アクチノマイシンDの添加でZnのの効果は減少;図3表2参19
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る