{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007456332562   整理番号:58A0058513

鋭い空中線ビームの早い水平走査による見透外伝搬実験

A Rapid Beam-Swinging Experiment in Transhorizon Pro-pagation.
著者 (1件):
資料名:
巻: AP-6  号:ページ: 338-340  発行年: 1958年
JST資料番号: C0218A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
数個のアンテナ群の位相を変えて0.49°のアンテナビームを1/10秒ごとに振り,3.12Gc電波の到来角変化を101mileの距離で測っていろいろの新しい現象が観測された.散乱理論によるビームの広がりは必ずしも明かでないが,走査ごとにパターンが変化することもあり平均的には広がったことになる.パターンが連続的に移動して散乱または反射領域の運動を暗示することもあり,また大気構造が細かくてこのビーム幅で分解できないこともあった
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る