{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007460211885   整理番号:68A0150796

ピルビン酸およびホスホピルビン酸相互変換に対する新しい酵素と光合成のC4-ジカルボン酸系路における役割

A new enzyme for the interconversion of pyruvate and phosphopyruvate and its role in the C4 dicar-boxylic acid pathway of photosynthesis.
著者 (2件):
資料名:
巻: 106  号:ページ: 141-146  発行年: 1968年
JST資料番号: B0205A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ピルピン酸,ATP,オルトりん酸のホスホピルピン酸,ATP,ピロりん酸への相互変換を触媒する酵素を熱帯植物葉より単離。Mg2を要求し,Mg2+,2-メルカプトエタノ-ルが無いと急速に不可逆的に不活性化される;図1 表6 参9

前のページに戻る