{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007464890434   整理番号:68A0182442

最近の,発電所における石炭利用研究

Recent research and development work on coal utili-sation in thermal power stations.
著者 (1件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 135-156  発行年: 1968年
JST資料番号: D0120A  ISSN: 0007-0475  CODEN: BCURA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
始めに発電工業における歴青炭利用の傾向を概観。実験的ボイラー室嬢Welh墾m”を建設し,燃焼の全行程で起る故障の解決を計った次に飛散灰,炉スラグ,粒状スラクの処理は,価格の点で不利なため,これの経済的な処理利用を検討。すなわち飛散灰をペレットにすること,スラグの加熱,冷却により,適当な圧縮強度を有する道路建材に適した結晶生成物の取得など。最後に発電所における石炭/水けん濁の直接燃焼に成功した。この場合の輸送のバィプジィンは地下に建設でき,しかも特別なものを要しない点,液,気体燃料に必適する;写図18
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る