{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602007465524326   整理番号:68A0111292

線形プログラミングを用いた量子力学の摂動論における上限と下限

Upper and lower bounds in quantum mechanical pertur-bation theory using linear programming.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 223-226  発行年: 1968年
JST資料番号: B0824A  ISSN: 0009-2614  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
線形ブログラミングの方法によって量子力学における二次摂動項の上限と下限を計算することが可能である。特に,原子の分極率の上限値と下限値について,Dolgarnoの和法則を利用して,線形プログラミング法により,水素,ヘリウム,ネオンについて計算した。ネォンについては,和法則のとり方によって,1025%の相異がある;表1参21
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る